ファッション

快晴続く「フジロック’15」2日目 今年の足元はトレッキングブーツが主流

 「フジロックフェスティバル’15(FUJI ROCK FESTIVAL’15、以下フジロック)」2日目は、そよ風が気持ちいい快晴の天気。めずらしく雨の降らない1日だった。出演アーティスト以外にも、アレキサンドロス([Alexandros])の庄村聡泰、ライズ(RIZE)のKenKen、水曜日のカンパネラらファッション通で知られるミュージシャらが来場し、それぞれが個性的なフェススタイルを見せていた。

 雨足が遠ざかったこともあり、今年の来場者の足元はトレッキングブーツが主流と言えそうだ。「ハンター(HUNTER)」や同フェス名物の日本野鳥の会などのレインブーツ姿も根強いが、機能性とファッション性を兼ね備えたトレッキングブーツを万能選手として重宝する傾向が今年は出た。目立ったブランドは「メレル(MERRELL)」「モンベル(MONT-BELL)」「コロンビア(COLUMBIA)」「キーン(KEEN)」など。合わせてスニーカー率も引き続き上昇中。「ナイキ(NIKE)」が一歩頭抜けした感があるが、「ニューバランス(NEW BALANCE)」や「コンバース(CONVERSE)」派に続いて今年、「リーボック(REEBOK)」や「プーマ(PUMA)」「サッカニー(SAUCONY)」などのブランドが追随する趣きだ。

 また、他フェスに比べてペアやチームコーデが控えめなのも同フェスならではといえる。そんな来場者には単独行動派も多い。友人家族らと来ていたとしても、場内では分かれて自分の好きなアーティストを思い思いに見てまわる姿が多いのが特徴だ。バックパッカーや海外経験豊富な旅好きも来場者に多く、海外在住時に購入したひと癖あるアクセサリーをコーディネートに取り入れたスタイルも頻出した。

 出演アーティストでは、アップル ウオッチCMへの楽曲提供でも話題の米エレクトロ・デュオのホーリーチャイルド(HOLYCHILD)のステージ衣装が光った。女性ボーカルのリズ・ニスティコは、レインボーカラーのフレアパンツにスパンコールのブラトップという夏の野外に映えるボヘミアンスタイルで登場。相方のルイス・ディラーも、白地に青のスプラッシュ柄がのった短パンセットアップをミニマルなサイズ感で着こなし、スタイリッシュなステージ感を演出した。同CM曲「ランニング・ビハインド」を筆頭に、ラテンビートをポップに解釈した楽曲の連打で集まった観客の喝采を博した。

【スナップ】ローラも初参加の「フジロック’15 」1日目 70年代ボヘミアンとデニムが席巻 ▶︎
【スナップ】「フジロック’15」3日目に高橋盾とRADWIMPS野田洋次郎の姿も 計11万5000人来場 ▶︎

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。