ビューティ

「WWDビューティ ベストコスメ2020」アウトバストリートメント&スタイリング剤・新製品部門

 「WWDビューティ ベストコスメ2020」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで今年もっとも売れた製品を発表。アウトバストリートメントとスタイリング剤の新製品は、バラエティー・ドラッグストアのみで集計した。アウトバストリートメント1位は「アンドハニー(&HONEY)」の“メルティ モイストリペアオイル”となった。「うねり・くせ毛ケアができるオイル。パッケージの可愛さもSNS映えする」とのコメント。2位は「エイトザタラソ(8 THE THALASSO)」の“バランシングセラム&スムースリペア 美容液オイル”と、「ヘアレシピ(HAIR RECIPE)」の“和の実 さらとろライスオイル”が同率となった。スタイリング剤では、ヘアだけでなく手指、ネイル、ボディーケアにも使えるバームが人気を集めた。また、ウエットスタイルの人気も継続中で、もみこむだけでウエットな艶が表現できるアイテムもランクインした。スタイリング剤1位は「プリュスオー(PLUS EAU)」“ポイントリペアピュア”。「マスカラタイプのスタイリング剤で、手を汚さずヘアのお直しができる。衛生的で時代の流れとマッチしていた」との意見。2位は「ボタニスト(BOTANIST)」“ボタニカルヘアバーム”。3位は「ロンドGINZA WITH ミラボーテ」“グロスバーム24H”という結果になった。

アウトバストリートメント・新製品部門

1位 “メルティ モイストリペアオイル”

「アンドハニー」

 製品の90%以上をマヌカハチミツ・ローヤルゼリー、アルガンオイル、プロポリスなどの保湿&保護成分で構成した“メルティ モイストリペアオイル”。マヌカハチミツ60%、ローズハチミツ20%、国内産生ハチミツ20%と、3種類のハチミツを独自比率で配合することで、髪の水分量を高め、うねり・くせ毛のケアを実現。ヘアオイルはシャワーローズハニーの香り。シャンプー、トリートメントと併用しても香りがケンカすることなく、ほのかな香りのレイヤードが楽しめる。(100mL、1400円)

2位 “バランシングセラム&スムースリペア 美容液オイル”

「エイトザタラソ」

 ベタつかず、サラリとしたテクスチャーの“スムースヘアオイル”。髪や頭皮も肌と同じように老化する事実に着目した、スキンケア処方の美容液オイル。リンゴ果実培養細胞エキスなど3種の植物幹細胞エキスのほかに、褐藻エキスである「ラミナリアオクロロイカエキス」を保湿成分として配合。シャンプー新製品部門に“スムースシャンプー”もランクインしており、インバスアイテムとの併用率も高い。(100mL、1400円)

2位 “和の実 さらとろライスオイル”

「ヘアレシピ」

 米1000粒から1滴しか取れない貴重な国産ライスオイルで作った“和の実 さらとろライスオイル”。ライスオイルに含まれるオレイン酸が、日本人の分厚く硬いといわれるキューティクルにしっかり浸透し、リノール酸がキューティクルを補修。また、米に含まれる「ガンマ-オリザノール」が、紫外線A波、紫外線B波を吸収し、紫外線ダメージから髪と地肌をプロテクト。髪だけでなく、地肌や手、ボディーオイルとマルチに使える。(53mL、2000円)


スタイリング剤・新製品部門

1位 “ポイントリペアピュア”

「プリュスオー」

 マスカラ形状のスタイリング剤で、髪の乱れが気になる部分をサッとなでるだけでスタイルが整う“ポイントリペアピュア”。一般的なアイメイク用マスカラよりも大型のブラシにジェル状の保湿ケア剤がついており、乱れた髪を包み周りの髪になじませる。手を汚さず、アホ毛やトップの短い浮き毛、まとめ髪のえり足などを抑える。人気のシースルーバングの仕上げにもいいと人気を集めた。ポーチに入るサイズで持ち運びにも便利。(10mL、1100円)

2位 “ボタニカルヘアバーム”

「ボタニスト」

 毛先にもみこむと、動きのあるウェットスタイルが作れると支持された「ボタニスト」“ボタニカルヘアバーム”。カカオ脂・シア脂・アーモンド油などの植物オイルがベースで、手に取ると体温でオイル状のテクスチャーになり、肌にスッとなじみ髪に潤いとツヤを与える。ヘアだけでなくハンドクリームとしても使える。「ボタニスト」インバスアイテムと併用する人も多い。レモングラスとゼラニウムの香り。(32g、1500円)

3位 “グロスバーム24H”

「ロンドGINZA Withミラボーテ」

 ヘアサロン「ロンド」とミラボーテが共同開発した“グロスバーム24H”。保湿成分であるシアバターを配合し、自然なまとまりと柔らかさのある質感が出せる。髪に潤いを与えながら毛束感を出せるため、初心者でも人気のウエットスタイルを作りやすい。オイルやクリームと比較すると軽い仕上がりで、カールや巻き髪などエアリーなスタイルにオススメ。シリコーン・パラベンフリーでハンド、ボディーの保湿クリームとしても使える。(40g、1600円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら