ファッション

藤原ヒロシの「フラグメント デザイン」が英カルチャー誌「ザ・フェイス」とコラボ 限定アイテムはセルフリッジとトキオン ザ ストアで発売

 藤原ヒロシが手掛ける「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」と英カルチャー誌「ザ・フェイス(THE FACE)」とのコラボレーションアイテムがセルフリッジ(SELFRIDGES)で12月1日に発売した。

 アイテムは同誌の歴代の表紙やロゴ・フォントセットを用いたデザインが特徴で、Tシャツ(8000円)、ロンT(1万円)、パーカ(1万5000円)、レインコート(3万8000円)、トートバッグ(6000円)、ポーチ(5000円)、ニットキャップ(6500円)、キャップ(6500円)、ステッカー(900円)、ミラー(1万8000円)をラインアップする。

 「ザ・フェイス」は、80年にロンドンで創刊。音楽をメーンにファッションやアートなどあらゆるカルチャーの垣根を超えた特集が若者の支持を集める、80〜90年代のイギリスを代表する雑誌だ。ケイト・モス(Kate Moss)が16歳で初めて雑誌の表紙デビューをした雑誌としても知られている。90年代にはジョニー・デップ(Johnny Depp)が表紙に起用され、昨年の12月号には、娘でモデルのリリー・ローズ・デップ(Lily Rose Depp)が表紙に登場しことでも話題を呼んだ。

 藤原がセレクトした表紙は、ドイツの写真家ユルゲン・テラー(Juergen Teller)がミュージシャンのシネイド・オコナー(Sinead O'Connor)を撮影した号やロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)、ビョーク(Bjork)、クリエイティブ集団「バッファロー(BUFFALO)」の創設者でスタイリストのレイ・ペトリ(Ray Petri)がスタイリングした表紙など。

 日本国内では、12月12日に「トキオン(TOKION)」オフィシャルECのほか、東京・渋谷のミヤシタパークのトキオン ザ ストア(TOKION THE STORE)で発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら