ファッション

消しゴムの「MONO」が「ミドラ」とコラボ トリコロールをモチーフに

 消しゴムの「MONO」を販売するトンボ鉛筆はこのほど、安藤大春が手掛ける「ミドラ(MIDDLA)」とコラボしたユニセックスブランド「モノ × ミドラ(MONO×MIDDLA)」をスタートした。「ミドラ」公式オンラインショップとクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」などで受注販売中だ。

 今回のコラボは安藤デザイナーがデザイン画を描くときに使っていた「MONO」からインスピレーションを受け、トンボ鉛筆にアプローチし実現した。コンセプトは“MAKE NEW HERITAGE=新たな遺産を作っていく”とし、多くの人に馴染みのある「MONO」の3色ストライプを“遺産”と捉えてウエアラブルなアイテムに落とし込んでいく。

 第一弾は“MONOストライプ”と「ミドラ」のリンゴのアイコンをドット状に刺繍したものと、“MONOストライプ”を細くデザインした2種類の生地を用いたシャツとシャツドレスが登場した。価格は2万2000~3万1900円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら