ファッション

消しゴムの「MONO」が「ミドラ」とコラボ トリコロールをモチーフに

 消しゴムの「MONO」を販売するトンボ鉛筆はこのほど、安藤大春が手掛ける「ミドラ(MIDDLA)」とコラボしたユニセックスブランド「モノ × ミドラ(MONO×MIDDLA)」をスタートした。「ミドラ」公式オンラインショップとクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」などで受注販売中だ。

 今回のコラボは安藤デザイナーがデザイン画を描くときに使っていた「MONO」からインスピレーションを受け、トンボ鉛筆にアプローチし実現した。コンセプトは“MAKE NEW HERITAGE=新たな遺産を作っていく”とし、多くの人に馴染みのある「MONO」の3色ストライプを“遺産”と捉えてウエアラブルなアイテムに落とし込んでいく。

 第一弾は“MONOストライプ”と「ミドラ」のリンゴのアイコンをドット状に刺繍したものと、“MONOストライプ”を細くデザインした2種類の生地を用いたシャツとシャツドレスが登場した。価格は2万2000~3万1900円。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら