ファッション

「バレンシアガ」が青山店の拡張リニューアルを記念して限定アイテム発売

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は11月6日、青山店(東京都港区南青山5-1-3)を世界最大級の旗艦店へと拡張リニューアルオープンする。同店は地下1階~地上2階の3フロア構成で、1階はバッグとスモールレザーグッズを中心としたメンズとウィメンズ、地下1階はウィメンズとキッズ、2階はメンズコレクションをそろえる。

 これを記念して、「バレンシアガ 青山」限定のアイテム5点を発売する。ストアのアドレスをプリントしたレインジャケット(19万9000円)や“エブリデイ”トートバッグ(13万9000円)、「TOKYO」の文字を配した“ショッピング”ラインのトートバッグ2型(9万7000円と14万9000円)、風呂敷に付けるレザーハンドル(1万8000円)をラインアップする。

 また同店限定のサービスとして、過去のコレクションの生地を使用したサステナブルな風呂敷を、風呂敷用レザーハンドルまたは一定額以上の商品購入でプレゼントする。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら