ビジネス

TOKYO BASE3~8月期は最終赤字3億円 通期では黒字確保へ

 セレクトショップ「ステュディオス(STUDIOUS)」などを運営するTOKYO BASE(谷正人・最高経営責任者)が、未定としていた2021年2月期通期の連結業績予想を公表した。売上高は前期比2.9%減の148億円、営業利益は同76.8%減の3億円、純利益は同91.4%減の8000万円の見込み。

 同時に発表した3~8月期連結業績は、売上高が58億円、営業損益が1億8500万円の赤字、純損益が3億900万円の赤字だった(前年同期の参考値は売上高68億円、営業損益が5億8400万円の黒字、純損益が4億3000万円の黒字。前年同期は非連結だったため比較不能)。4~5月は国内45店で臨時休業。営業再開後もインバウンド(訪日外国人)売り上げの減少は続いている。

 3~8月のECを含む業態別売上高では、基幹の「ステュディオス」が前年同期比(参考値)23.6%減、SPAの「ユナイテッド トウキョウ(UNITED TOKYO)」が同8.2%減、同じくSPAの「パブリック トウキョウ(PUBLIC TOKYO)」が同0.2%増。一方で、同社は出店も加速している。「ステュディオス」の中国本土2店舗目の深圳店、「ユナイテッド トウキョウ」「パブリック トウキョウ」それぞれで中国本土初店舗となる北京店を出店するなど、3~8月期間中に国内外で5店を新規出店し、既存店の大幅増床リニューアルなども実施した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら