ビューティ

四千頭身が「ウーノ」でメンズメイクに挑戦! 第7世代で一番かっこいい宣材写真に変身

 資生堂は、“お笑い第7世代”のお笑いトリオ四千頭身を起用し、メンズブランド「ウーノ(UNO)」のアイテムを使用したメイク動画「四千頭身の宣材写真第7世代でいちばんかっこよくしてみた」を公開した。

 きっかけは、メンバーの後藤拓実のツイート。5年前に撮影したという宣材写真から、“第7世代の中で一番格好良い宣材写真”にリニューアルしたいという思いから実現した。

 動画では、3人それぞれが抱える日焼けのムラや目の下のクマ、薄い眉毛、ヒゲの青み、肌や唇の血色の悪さなどの悩みに合わせて、初めてセルフメイクに挑戦した。肌悩みをカバーするBBクリーム“フェイスカラークリエイター”(30g、1180円)、潤いや自然な血色を演出するリップクリーム“オールインワンリップクリエイター”(2.2g、900円)、眉のバランスを整えるアイブロウ“バランスクリエイター”(0.3g、800円)などを使用した。

 撮影後、3人は「こんなに簡単にできるんだ。実際にプライベートでも使用したい!」など、ポジティブなコメントで、お互いを褒め合うシーンも見られたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら