ファッション

「ディーゼル」とGR8がコラボコレクションを発売 「#FR2」など8組のデザイナー、アーティストが参加

 「ディーゼル(DIESEL)」は東京・原宿のセレクトショップGR8(グレイト)とコラボしたカプセルコレクションを9月4日に発売した。日本の「ディーゼル」主要店舗と公式ECサイト、GR8のラフォーレ原宿の店舗と公式ECサイトで取り扱っている。

 GR8がセレクトした8組のデザイナーとのトリプルコラボで、「#FR2(エフアールツー)」「カリ × ユウタ ホソカワ(CALI X YUTA HOSOKAWA)」「D.TT.K(ディーティーティーケー)」「ジュン イナガワ(JUN INAGAWA)」「コウジ ウエダ C/O コウスケ カワムラ(KOJI UEDA C/O KOSUKE KAWAMURA)」「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATIENTS)」「リボルバー(REVOLVER)」「ロジック(ROGIC)」が参加した。

 「ディーゼル」のデニムジャケットやスエット、Tシャツをベースにデザインしたユニセックスの全36アイテム。価格帯はTシャツが1万2000円~、スエットが2万2000円~、デニムジャケットが5万4000円だ。

 「GR8」オーナーバイヤーの久保光博と来日していた「ディーゼル」の創始者レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)がパーティーで出会ったことが同コラボのきっかけになったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら