ニュース

「ドクターシーラボ」がエイジングケアジェルを刷新 オンライン発表会に初のアンバサダー栗山千明が登場

 「ドクターシーラボ(DR.CI:LABO)」は8月20日、エイジングケアの高機能ジェル「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」(50g、4500円/120g、8600円)をリニューアル発売した。2007年に誕生して以来5回リニューアルしており、今回登場したのは6代目だ。

 リニューアルに際して着目したのは、体内の尿素の分解物とタンパク質の反応である“カルバミル化”。尿素は普段の生活で生産され蓄積するが、尿素の分解物によってカルバミル化されたダンパク質の蓄積は、コラーゲンの損傷や劣化を引き起こすことが分かった。そこで同社は、創業当時から注力してきたコラーゲン研究を活用。リニューアルしたジェルはコラーゲンを与えるだけでなく、コラーゲンの質を高める“トータルコラーゲンサイエンス”アプローチを採用し、処方をパワーアップした。

 また、同ブランドは今年リブランディングし、グローバルブランドへとかじを切っている。19日に行ったオンライン発表会では、ブランド初のアンバサダーに就任した女優の栗山千明が登場した。ジェルを「たっぷりぜいたくに塗るのが好き」と話し、「意外と乾燥するお風呂のときに、集中パックとしても活用しています」とお勧めした。なお、栗山氏が出演する新CMは9月7日から全国で放送されるほか、リブランディングに合わせて刷新したロゴやビジュアルも店頭で展開中だ。

 全てオンラインで行われた今回の発表会だが、プレス向けには新製品とともに通常の発表会でも振る舞われるようなスイーツが事前に送付された。同社が強みとするコラーゲンの研究をイメージした老舗和菓子店の風船ゼリーと、新製品のゴールドのパッケージをイメージした金箔入りの緑茶を添え、遠隔でも製品の世界観を五感で感じられるような体験を提供した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら