フォーカス

男性が肌で歳を感じたのはどんな時? オルビス「ミスター」新製品発売で調査

 オルビスが8月21日に発売する、メンズコスメ「ミスター(MR.)」の新製品オンライン発表会が少人数制で行われた。多くのブランドのオンライン発表会では、画面オフ、音声オフが求められる中、「良かったら画面も音声もオンにして、チャットも使って、みなさんご一緒に体験しながらやりませんか?」(川越由郁子マーケティング戦略部PRグループ)と呼びかけられ、アットホームな雰囲気で進んだ。

 今回の新製品はスペシャルケアの「ミスター フェイシャル ナイトクリーム」(50g、2700円)と、「ミスター ビアード&アイブロー ペンシル」(2色、各2000円)。「富士経済によると、2019年のメンズフェイスケア市場は、18年に比べて10%増と伸びています。男性はスキンケアで自分の肌への見方が変わってきます。だから、保湿力や感触など女性以上にこだわる人も多いですね」。ここで川越PRグループらクイズの出題が!

 「男性に肌で歳を感じたと思ったときは?と聞いた答えトップ3をチャットに書いてください」。周りの男性を思い浮かべながら、「1位シミ、2位たるみ、3位シワ」と回答。ほか男性出席者は「まぶたのたるみ、首のシワ」や「ほうれい線!」など。ここだけでも、なるほどと思ったが、オルビスの調査結果は、「1位肌の艶が感じられないように感じる、2位ハリの低下で表情が疲れて見える、3位肌荒れ」が正解。男性の美意識の高さに驚いた。

 そんな悩みを持つ男性に、ナイトクリームは週2、3回、夜のスキンケアの後に保湿液の代わりに塗って寝ると翌朝、潤いに満ちたイキイキとしたハリと艶の肌に導くというもので、アイブロウは、自信に溢れた印象を引き出すペンシルだという。

 ここでアイブロウ講座。彫刻刀のようなペン先で、太い部分や細い部分を使って自由自在に描き足すと説明を受けると、参加したプレスの男性たちが眉を描き描き。これは髭にも使えるというので、髭も描き描き。難しさはなさそうで、意識高い男性だけでなく、今からメイクに挑戦する男性にも受けそうなアイテムだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら