ファッション

ドラムを叩いてセルフポートレートを撮影 山谷佑介の実験的な写真集“ドアーズ”発売、「フロットサム ブックス」でポップアップも

 東京・代田橋のアートブック専門店「フロットサム ブックス(flotsam books)」は、写真家・山谷佑介の新作写真集「ドアーズ(Doors)」(1万円)の発売を記念したポップアップショップを6月20日〜21日に開催する。限定Tシャツや山谷の過去の作品集を扱うほか、山谷本人も在店する。

 「ドアーズ」は山谷のドラムパフォーマンスと写真撮影を融合させたセルフポートレート作品。彼は、ドラムセットの周囲に複数台のカメラを用意し、ドラムを叩いた振動をセンサーが感知するとストロボ光が放たれる仕組みで自身の姿を映し出すパフォーマンスを2018年から行っており、同作は19年に行なったヨーロッパツアーの写真を収めている。

 写真集にはパフォーマンスで撮影した写真のほか、都市の移動中に切り取ったスナップショットや風景、食事、ホテルなども配置。1カ月かけてヨーロッパ9都市を巡った彼の軌跡をたどる。またパフォーマンスの開催を告知するフライヤーや現地で書いた絵葉書、ドラムを叩いた痕跡を記録したフォトグラムなども収録する実験的な内容となっている。

 同作は当初、ヨーロッパツアーの資金集めとして実施したクラウドファンディングの支援者に向けて限定181冊で配布した。しかし、新型コロナウィルスの感染拡大やそれによる世界の分断を受けて、「車で自由にヨーロッパを移動してパフォーマンスを繰り広げた一種のロードムービーでありドキュメンタリーのような作品。これをより多くの人に見てもらうことで、過去と未来に思いを巡らせてもらいたい」と考え、表紙を変更して一般発売することとなった。

■山谷佑介「Doors」ポップアップショップ
日程:6月20日〜21日
時間:12:00〜20:00
場所:flotsam books
住所:東京都杉並区和泉1-10-7

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら