ビューティ

巣ごもり生活でセルフヘアカラー剤が伸長

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの影響により外出自粛が続き、3~5月はセルフヘアカラー剤が好調だった。主戦場であるドラッグストアのマツモトキヨシではファッションカラーとグレイカラー共に4、5月は前年同月比で2ケタ伸長、トモズでは3~5月のファッションカラーは前年同期比で2ケタ伸長、グレイカラーは4月がやや伸長したが3月、5月は前年を割る結果となった。(この記事はWWDビューティ2020年6月11日号からの抜粋に加筆しています)

 ファッションカラーは例年夏休みなど長期休暇になると売り上げが伸長する傾向にあるが、新型コロナによる休校要請によって、それが前倒しされ長期化したことで若年層の支持を獲得した。またSNSではセルフヘアカラーに関する投稿が増え、外出自粛ムードや行きつけのサロンの休業からセルフカラーに挑戦した人も多いようだ。人気のカラーは春のトレンドカラーとして美容室でも人気のピンク系やブルー系が好調だ。校則縛られない、人と会う機会が減ったなどで、普段は挑戦しないが自分がやりたい色を楽しむという動きも見られた。

 ホーユーの野村卓央コンシューマー事業本部 商品企画室 商品企画1課 課長は、「『ビューティラボ ホイップカラー』は5月は出荷ベースで前年同月比90%増で、『ビューティーン メイクアップカラー』は同60%増でそれぞれ着地見込みだ。美容室に行けない中でコロナ自粛の気分転換としての需要が推測されるが、学校が休校になったことで例年では染めない時期にカラーリング需要が発生したことも大きい」と話す。

この続きを読むには…
残り1145⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら