ファッション

伊勢丹新宿や阪急うめだの好調ブランドを詳報 有力百貨店7店の19-20年秋冬特選商況

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、毎シーズン恒例の百貨店商況アンケートを2019年秋冬(7~12月)も実施した。アンケート結果は本紙別冊付録の「百貨店ビジネスリポート」で詳報しているが、化粧品、食品と共に百貨店の最注力カテゴリーである特選分野については、有力7店に個別取材も行った。円高による免税売り上げの減速や消費増税以降の買い控えなどが影響し、7店の7~12月特選売り上げは伸長率がこれまでに比べてやや鈍化。ただし、国内富裕層の掘り起こしで前年同期の売り上げ実績は超えている。とは言え、それも19年年末までの話。年明け以降は、新型コロナウイルスの感染拡大が各店に大きく影を落とし、20年春夏の業績悪化は避けられない状況となっている。(この記事はWWDジャパン2020年2月24日号からの抜粋です)

【主要百貨店のポイント】

この続きを読むには…
残り5923⽂字, 画像16枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら