フォーカス

編集長は先週何した? 卒業審査会シーズン 大阪通いでガラ空き新幹線に驚く

 みなさん、こんにちは。「WWDジャパン」編集長の向千鶴です。新型コロナウイルスの影響で、イベント中止のお知らせが連日届きます。特にインポートブランドが日本で開くグローバルイベントは中国から人を呼べないためほぼ中止で、店頭も大打撃です。香港の友人からは「人を誘う、集うという行為が非常に微妙でウィルス気疲れ症候群が発生している」とLINEが届き気持ちがふさがります。だけどふさいでいても仕方なし。「美味しい物を食べて、よい景色見て免疫力高めて優しくあろう(笑)」と互いを鼓舞してLINEを〆ました。他人事ではないですが、一番大変なのが中国であることは間違いなし。頑張れ中国!

2月3日(月)
新大阪行き新幹線はガラガラ

 セミナー登壇のため大阪出張のこの日、新大阪行き新幹線が空いていて驚きました。こちらは新大阪に着く直前の、のぞみの車内です。新大阪行きですし、京都で大勢が降車した後ではありますが、それにしても月曜日の朝9:30ですから、いつもなら出張者と観光客で混み合っていた気がします。海外からの観光客が激減していますね。これでは売り場はキツい…。最後の一枚はせめてもの和みのサービスカットです。

2月6日(木)
毎日ファッション大賞から
「アンリアレイジ」Tシャツ

 毎日ファッション大賞の事務局の方が来社され、第37回大賞を受賞した「アンリアレイジ(ANREALAGE)」と取り組んだTシャツを紹介してくれました。ボディーは同じく昨年、特別賞を受賞した日本環境設計によるもの。賞を授与するだけではなく、「形に残すことで一人でも多くの方に知ってもらい、環境問題にも関心を持ってもらえたら」とのこと。売り上げの一部はグリーンベルト運動に寄付されるそうです。こういったことは手間がかかるけど、大事ですよね。行動力あるのみです。ちなみに、Tシャツは毎日新聞社のオンラインストアで販売しています。

2月6日(木)
特集「メンズ2020-21年秋冬メンズ特集第2弾」
責了と今日のおやつ

 女がスラックスを履くように、男性がワンピースを着たって全くもって良いのです。男性が泣きたいときに泣ける社会になったら、日本はホントにもっと強くなれると思います。今日のおやつは丸久小山園の宇治抹茶を使ったグリコの高級ポッキー「バトンドール」。濃厚!

2月7日(金)
大阪文化服装学院の
卒業審査会

 今週2度目の大阪は羽田から飛行機で出張。伊丹空港行きJAL便は満席でマスク着用率98%。異様な光景でした。

 向かったのは、大阪文化服装学院の卒業コレクション。イタリア、スペイン、韓国など海外からの学校関係者も多数来日してフロントローに座り盛り上がりました。卒業作品を通じて知る若者たちの視点や興味は刻々と変わっていくから興味深い。今年は女性が強かった!テーマ設定の背景を聞くと「就職活動でアパレルの面接官が男性ばかりで違和感があった」といった話になります。若者は大人たちをホントよく見ています。

2月8日(土)
中部ファッション専門学校の
卒コレ審査

 愛知県は知立にある中部ファッション専門学校の卒業コレクションの審査会へ。会場は栄にあるイベントホールです。名古屋は大阪や東京よりも心なしかマスク着用率が低く、電車の中のピリピリ感も低めで少しホッとしました。ポートフォリオをじっくり見た後にショーで作品を審査。アイデアから始まり、服へと展開してゆく学生たちの頭の中をのぞくようで楽しいです。