ビジネス

ゴールドウイン4〜12月期は最終利益5割増 「カンタベリー」「ザ・ノース・フェイス」稼ぐ

 ゴールドウインの2019年4〜12月期の連結純利益は、前年同期比50.5%増の114億円だった。秋以降、消費増税や暖冬の影響を受ける企業が多い中、引き続き「ザ・ノース・フェース(THE NORTH FACE)」を中心に活発な動きを見せた。またラグビーのワールドカップの特需で「カンタベリー(CANTERBURY)」が大きく売り上げを伸ばした。

 売上高は同19.1%増の758億円、営業利益は同39.4%増の161億円だった。増収や値引き販売の抑制によって粗利益率が2.2ポイント改善。マーケティング費用の増加によって販管費は同16%増えたものの、粗利益の増加で吸収した。営業利益率は同3.1ポイント改善の21.3%に達し、アパレル業界の中ではかなりの高水準になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら