ビューティ

2025年には世界市場規模約2兆7000億円に達するビーガンコスメは日本で定着するのか

有料会員限定記事

 「ビーガン」が欧米を中心に飲食の枠を超え、ファッションやビューティを含むライフスタイル領域に広がっている。動物性由来成分を使用しない、完全菜食主義(ビーガン)向けコスメが欧米で続々と誕生する傍ら、日本でもじわじわとキーワードとしてビーガンが取り上げられ始めてきた。欧米ではビーガンの約半数が35歳以下で、その中心はミレ二アル世代と女性。そこにリーチするビーガンはビジネスチャンスも大きいが、実際日本ではどうなのかーー。(この記事はWWDビューティ2020年1月30日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1536⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら