ビューティ

2025年には世界市場規模約2兆7000億円に達するビーガンコスメは日本で定着するのか

有料会員限定記事

 「ビーガン」が欧米を中心に飲食の枠を超え、ファッションやビューティを含むライフスタイル領域に広がっている。動物性由来成分を使用しない、完全菜食主義(ビーガン)向けコスメが欧米で続々と誕生する傍ら、日本でもじわじわとキーワードとしてビーガンが取り上げられ始めてきた。欧米ではビーガンの約半数が35歳以下で、その中心はミレ二アル世代と女性。そこにリーチするビーガンはビジネスチャンスも大きいが、実際日本ではどうなのかーー。(この記事はWWDビューティ2020年1月30日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1536⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら