ニュース

人気のミニサイズメイク「SHISEIDO ピコ」から“東京の一日”をイメージした新色登場

 資生堂のグローバルブランド「SHISEIDO」は、ミニサイズのメイクアップシリーズ「ピコ」の新色を3月1日に日本限定発売する。2020年春夏のトレンド“ニュアンスカラー”“透明感”を反映した口紅とネイル(2種18品目、1000~1800円)を、百貨店を中心とする約290店、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などで扱う。

 2018年2月にデビューした「ピコ」は、若年層に向けてミニサイズで価格も抑えて提案するシリーズ。第1弾は“和菓子”、第2弾は“縁結び”をテーマとして毎年限定色を発売してきたが、第3弾は“Tokyo 24h”をコンセプトに、朝、昼、夜でさまざまな表情を見せる東京の一日にインスパイアされた口紅とネイルをそろえる。

 ムースタイプの口紅「ムースパウダーリップ ピコ」(全9色、各1800円)は、軽やかな感触と柔らかな色づきでセミマットの仕上がり。口紅としてはもちろん、チークやハイライターとしても使用できる。「ネイルエナメル ピコ」(全9色、各1000円)は、艶のある光沢と鮮やかな発色で、コシのある筆が均一に色を塗れて仕上がりも長持ちする。

 口紅とネイルは朝、昼、夜に各3色ずつグループ分けされ、パッケージには一日の流れが分かる時計が描かれている。「路地裏に猫」「本屋の出会い」「三時の純喫茶」「夜の名画座で」など、時間と共に変化する光や風景を表現したカラーネームにも注目だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら