ニュース

合成ダイヤのD2Cブランド「プライマル」が登場 モードなジュエリーが満載

 合成ダイヤモンドを使用したD2Cジュエリー「プライマル(PRMAL)」が2月1日にデビューする。同ブランドはジュエリーブランドやジュエリーのセレクトショップを手掛けてきた福島剛プライマル代表が立ち上げたブランドで、合成ダイヤモンドをはじめ、あこや真珠などを使用したリングやピアス、ネックレスなどを販売。“未来につながるジュエリー”をコンセプトにエシカルでサステナブルなジュエリーを提案する。モードでエッジが利いたデザインが特徴で、地金は10金、18金、ホワイトゴールドの3種類があり、予算や好みに合わせて選べる。素材調達からデザイン、販売まで一貫してプライマルが行い、同社のECだけで販売するため、中心価格帯が1万~5万円と手頃だ。2月1日には渋谷のエレファント・スタジオ2階でポップアップイベントを開催する。

 合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じ組成で、価格は30~40%安価。天然か合成か見分けるには特別な機械が必要で、見た目は全く同じだ。アメリカでは、ダイヤモンド最大手のデビアス(DEBEERS)が2018年、合成ダイヤモンドのブランド「ライトボックス・ジュエリー(LIGHTBOX JEWELRY)」を立ち上げて本腰を入れている。昨年は、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)が合成ダイヤモンドメーカー大手のダイヤモンド・ファウンドリー(DIAMOND FOUNDRY)と協業し、合成ダイヤモンドを使用したファインジュエリーを販売するなど、ジュエリー業界の新しい潮流になっている。