ファッション

天然、ラボグロウン、モアサナイト、SDGsで広がるダイヤモンドの選択肢

有料会員限定記事

 ラボグロウンダイヤモンド(以下、ラボグロウン)とは、工場で製造したダイヤモンドのことだ。組成は天然ダイヤモンドと全く同じだが価格は約3分の1で、2019年ごろに日本でも話題になり、「シンカ(SHINCA)」や「プライマル(PRMAL)」などラボグロウンのブランドが登場。最近は、SDGsの観点から環境に優しいラボグロウンを使用するジュエリーブランドが増え、欧米では、モアサナイトという代替品も市場で市民権を得ている。

 欧米ではラボグロウンの市場が拡大しており、ダイヤモンド専門の市場調査を行うポール・ジムニスキー・ダイヤモンド・アナリティクス(PAUL GIMNISKY DIAMOND ANALYTICS)は、ラボグロウン市場の成長率は23年、前年比22%増の52億ドル(約5668億円)になると予測。採掘による環境破壊や人道的な面で疑問視される天然よりも、組成が同じラボグロウンを選ぶ消費者が増えている。

 日本でラボグロウンの認知度はまだ低いが、松屋銀座本店(以下、松屋)は8月末、ラボグロウンを使用した独自のジュエリーブランド「エネイ(ENEY)」と「ネクストダイヤモンド ニューヨーク(NEXT DIAMOND NEW YORK、ネクストダイヤモンド)」2つのショップとECサイトをオープンした。これにより、消費者の間でラボグロウンの認知度がアップする可能性は高い。天然とラボグロウンの両方を扱う老舗、今与の今西信隆・社長は、「天然とラボグロウンの共存共栄により、ダイヤモンド市場が広がればと『シンカ』を立ち上げた。売り上げは前年の約2倍と手応えはあるが、これからだ」と話す。自社ブランド「SJXW」でラボグロウンを導入した永井淳二スタージュエリー社長は、「いまだに天然へのこだわりが強い。エシカルというより、コスパで魅力を感じる層が多いと言う。D2Cブランド「プライマル(PRIMAL)」の福島剛・代表は、「売り上げは前年比50%増で、認知度がアップしている。市場は拡大するはずだ」と述べている。

この続きを読むには…
残り2016⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら