1. 朝ドラ「まんぷく」で14歳の役を演じ、話題の女優・岸井ゆきのとは?

朝ドラ「まんぷく」で14歳の役を演じ、話題の女優・岸井ゆきのとは?

映画・ドラマ TV・ラジオ キャリア インタビュー

2018/12/15 (SAT) 00:00
岸井ゆきの:1992年2月11日生まれ。神奈川県出身。ユマニテ所属。2009年デビュー。17年に映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」で初主演し、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。現在、NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演中。来春公開予定の映画「愛がなんだ」では主演を務める PHOTO BY TAKAHIRO OTSUJI(go relax E more) STYLING:KAZUHIDE UMEDA HAIR & MAKEUP:AYA MURAKAMI ロングケープ5万5000円、上に羽織ったオーガンジースカート(インナー付き)4万8000円、イヤリング 1万8000円 / 全てTARO HORIUCHI(prcontact@a-tconcepts.com)

現在放送中のNHKの朝ドラ「まんぷく」に香田タカ役で出演し、注目を集める、女優の岸井ゆきの。来春公開予定の「愛がなんだ」でも主人公のテルコを演じるなど、ますます女優としての存在感を高めている。今回、女優になった意外なきっかけから、仕事、ファッション、美容のことまでを語ってもらった。

WWD:岸井さんが芸能界に入ったきっかけは?

岸井ゆきの(以下、岸井):すごい偶然なんです。電車に乗っていた時に、女性フォトグラファーの方に「写真のモデルになってくれませんか?」って声をかけられたんです。高校3年生の時だったんですけど。それからその方と撮影をするようになって、「事務所を探しているなら」って紹介してもらったのが、今の事務所(ユマニテ)だったんです。

WWD:それまで芸能界に興味はあった?

岸井:その時は何になりたいか、自分でもよく分かっていなかったんです。保育士とか美容師、バリスタとかにも興味があったりして。電車で声をかけてもらった時は、ちょうどバリスタの学校に見学に行く途中でした。

WWD:実際に女優の仕事を始めてみてどう感じた?

岸井:女優という職業に対しては、特に先入観はなかったです。最初の頃は演じていて、毎回「そうなんだ」って新しい発見があってすごく新鮮だったことを覚えています。

WWD:現在、NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演して、注目されているが?

岸井:今まで朝ドラのオーディションは4~5回ほど受けてきたんですが、「まんぷく」が初の朝ドラ出演になります。NHK大阪の制作なので、今は大阪に住みながら撮影して、週末に仕事があると東京に戻ってくる、という生活を送っています。現場は合宿みたいな和気あいあいとした雰囲気で、撮影は大変ですが、とにかく毎日楽しいです。

WWD:現在26歳の岸井さんが14歳の香田タカ役を演じるということで、ネットでは話題になったが?

岸井:妹弟役の役者さんと一緒にいると自分も子どもに戻った感じがして。普段から会話も楽しんでいるので、違和感なくやれているんだと思います(笑)。朝ドラは撮影期間も長く、その役がだんだん成長していくので、他のドラマより役になじんでいきやすいような気がしています。今後は大人のタカちゃんも見てもらえると思います!

WWD:神奈川県出身で大阪弁を話すのは大変なのでは?

岸井:大阪弁は方言指導の先生がいて、教えてもらっています。台本を先に読むと自己流のエセ大阪弁になってしまうので、まずは先生の話し方を聞いて、そこから覚えていくようにしています。最近は少しだけ慣れてきたので、勝手にアレンジして「やり過ぎ」って怒られたりして(笑)。ふとした会話に大阪弁が混じったりするようになりました。

WWD:「まんぷく」以外では、来春公開の「愛がなんだ」でも主演のテルコ役を務めるが?

岸井:角田光代さんの原作を映画化した作品です。最初に角田さんの原作を熟読し、それから台本を読んで、自分のトーンで演じることができる役なのかなってだんだんと思うようになりました。

WWD:役のテルコに共感できる部分はあった?

岸井:自分の仕事を辞めてまで好きな人に会いに行くとか極端な部分はなかなか共感しにくかったのですが、「その熱量は分かる!」と思う部分もありました。どこかうらやましいところがあって……私にはできないなって。公開は来春の予定ですが、撮影は2018年6月で、ちょうど朝ドラに入る直前に撮影していました。

WWD:現在も違う撮影をやっていると思うが、役の切り替えはできている?

岸井:具体的な方法があるわけではないので説明が難しいのですが、できていると思います。たぶん、大阪から東京へ移動する間に、「まんぷく」のタカちゃんから離れているんだと思います。

READ MORE 1 / 1 すっぴんに近い14歳役のために気をつけていること

WWD:自身では映画を観る機会も多い?

岸井:映画は好きでよく観ます。今まで見た中では、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」がお気に入りです。いろいろな映画を観てるんですけど、結局落ち着くのは王道の作品になりますね。でも自分が出演した映画は反省したり怖くかったりしてなかなか観られない。でも、いつかは劇場でお客さんと一緒に観たいです。

WWD:個人的にファッションで意識していることはある?

岸井:チクチクしない肌に優しいものが好きです。最近はお店で買うことが少なくなって、海外のネット通販で買うことが増えましたね。古着も好きで、吉祥寺にはよく行きます。

WWD:美容について気をつけていることは?

岸井:スキンケアはすごく気をつけています。今の朝ドラのタカ役は化粧をあまりしないので、撮影に入る前に思いきって欲しかった美顔器を購入しました。それを毎日使っているんですが、効果を実感していて、お守り代わりになっています(笑)。あとは、とにかく保湿することを大切にしています。健康も意識していて、アミノ酸系のサプリを取るのと、どんなにいそがしくても毎日湯船につかるようにしたり。体をきちんとリセットするように心がけています。

WWD:今後の目標は?

岸井:具体的に何をしたいかはまだ考えていませんが、作品の大小にはこだわらず、これからもおもしろい作品に出合っていきたいです。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    「ピッティ」で見た紺ブレの孤軍奮闘

    Created with Sketch.
    コラムコレクション・レポート
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true