1. 「ミナ ペルホネン」が衣装を担当 没後35年の寺山修司の演劇「書を捨てよ町へ出よう」

「ミナ ペルホネン」が衣装を担当 没後35年の寺山修司の演劇「書を捨てよ町へ出よう」

ユニホーム 企業タッグ

2018/10/15 (MON) 07:45

 「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」が、寺山修司没後35周年を記念し公演される演劇「書を捨てよ町へ出よう」の衣装を手掛けた。台本と演出は藤田貴大(マームとジプシー)で3年ぶりの公演になる。その際も衣装は「ミナ ペルホネン」が担当。藤田から同ブランドのデザイナーである皆川明へ直接依頼があったという。

 「書を捨てよ町へ出よう」は“言葉の錬金術師”と呼ばれた寺山の初期代表作で、鬱屈した青春を過ごす若者を描いた挑発的な作品。ドラマーの山本達央や若手俳優の佐藤緋美が出演する他、芸人の又吉直樹や歌人の穂村弘が映像出演する。

 10月21日まで東京藝術劇場シアターイーストで公演中。その後、長野県・上田市や青森県・三沢市、北海道・札幌市の国内ツアーを経てフランス・パリでも公演する。

 チケットは一般前売りが4800円、一般当日が5300円、65歳以上が4300円、25歳以下が3800円、高校生以下が1000円(税込)。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「美ST」が特集内の表現で批判受け謝罪

    Created with Sketch.
    企業動向雑誌・書籍・媒体SNS
  2. 六本木ヒルズにオトナ女性に向けたブランドが続々オープン

    Created with Sketch.
    商業施設リブランディングオープン PR
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true