三陽商会、今期営業黒字へ 「バーバリー」ショックは癒えた?

決算

2018/2/14 (WED) 05:00

 三陽商会の2017年12月期連結業績は、本業のもうけを示す営業損益が19億円の赤字(前期は84億円の赤字)だった。ブランド撤退による販管費削減、在庫コントールによる評価損・処分損の削減などによって赤字幅は大幅に縮小。15年の「バーバリー(BURBERRY)」ライセンス事業の終了後、営業赤字に沈んでいたが、今期(18年12月期)の黒字化にめどをつけた。

 売上高は前期比7.5%減の625億円。不採算・低収益の289店舗を閉鎖したため減収になったが、在庫コントールによって粗利益率は4.8ポイントも改善したため、赤字幅は大きく改善された。広告宣伝費や物流委託費などのコスト削減も貢献した。純損益は10億円の赤字(前期は113億円の赤字)だった。

 今期は売上高630億円、営業利益5000万円と3期ぶりの営業黒字を計画する。5日に発表した東京・青山の自社ビルの譲渡益33億円が特別利益として計上するため、純利益は25億円の見通し。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. ナノ・ユニバースが女子アナ3人と協業 働く女性のための新レーベル

    企業タッグ新ブランド・新ライン
  2. 藤原ヒロシ × ポケモンのプロジェクト 年内に「銀座ソニーパーク」でポップアップ

    アニメ・マンガSNS企業タッグポップアップ新作
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true