WWD BEAUTY Vol. 457

ウェルネス志向が高まる 世界のスパ最新情報

WWDビューティ 紙面紹介

2017/6/7 (WED) 11:00

 「WWDビューティ」6月8日号はスパ特集です。ラグジュアリーホテルを中心に、世界にはスパ施設があふれています。しかしながら、まだまだ日本でのスパは“ご褒美”感覚の位置付けで、使いこなせているとは言い難いのが現実です。今回の特集では、スパ業界で注目を集めているトリートメントメニューやカギを握る人物の取り組みなどについて迫ります。

 近年のスパは、世界的にウェルネス志向が高まっています。そこで特集内では、板倉由未子トラベル&スパジャーナリスト監修の下、現在のウェルネス業界をけん引している、セラピストやドクター6人が登場。一人一人に合わせたウェルネスプログラムを作り上げる「ボディイズム」創始者や、美味しさと健康を兼ね備えた料理(ウェルネス・キュイジーヌ)を提供するシェフは要注目です。

 また、世界中のスパを巡る板倉トラベル&スパジャーナリストが厳選した、日本未上陸の世界の名スパ5施設も紹介。目的別のリトリートが13種類以上あるタイの「チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾート」、“世界屈指”と評価されているマレーシアの「タンジョン ジャラ リゾート」など、1度は訪れてみたい施設ばかり。今、スパを使いこなすことは自身の健康にも大きく関係します。

 ニュース面では、米国のビューティ業界関係者9000人以上からなる団体「コスメティック エグゼクティブ ウーマン(COSMETIC EXECUTIVE WOMAN)」の年間のベストコスメアワードをピックアップ。今年は「フレッシュ(FRESH)」「イット コスメティックス(IT COSMETICS)」「ベッカ コスメティックス(BECCA COSMETICS)」「グラムグロウ(GLAMGLOW)」など、多くのインディーズブランドがランクインした。

 また、「ディオール(DIOR)」のミレニアル世代に向けた新スキンケアラインや「ナチュラグラッセ(NATURAGLACE)」の全面リニューアル、資生堂のキナリ売却についても取り上げます。大規模診察データを活用した新しいスキンケアブランド「キソウ」やDHC初の天然成分100%シリーズのニュースにも注目です。

contents

IN FOCUS

  • 世界のスパ最新事情THE NEWS
  • ポイントはサロンカラーとホームケアの連動 カラーケアアイテムが売れ行き好調
  • 業界のプロ9000人が900商品から厳選 CEWビューティインサイダーアワード2017
  • 「ディオール」ミレニアル世代に向けた新スキンケアライン発売
  • 松屋銀座系列の商業施設にH20の「フルーツギャザリング」
  • ネイチャーずウェイ 「ナチュラグラッセ」全面リニューアル
  • 資生堂が「草花木果」を有するキナリを売却
  • 大規模診療データを活用した新スキンケアブランド「キソウ」
  • DHCから初の天然成分100%シリーズ登場
  • ヘアサロン「ユーレルム」が銀座に出店

TOPICS FASHION

  • 「マイケル・コース」が米国で100店舗以上を閉店

TOPICS

  • モンゴル発高保湿ブランドに注目
  • 米国ビューティ業界での次なるホットスポットはテキサスか?
  • SAKURAのモード論
  • Vol 21 「1960年代-オートクチュールの衰退とモードの大衆化」
  • 海外ビューティ通信 バンコク編
  • Vol. 137 SNSから広がる心も体も美しいライフスタイル志向

HIT RANKING

  • 伊勢丹新宿本店ビューティアポセカリーで売れている「クレンジング」TOP5
  • アインズ&トルペ新宿東口店で売れている「化粧下地」TOP5
  • 編集部が選ぶ新商品情報
LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false