ファッション

西武池袋本店に30メートルのグラフィティーアートが出現 4人のアーティストがクリスマスをテーマに

 そごう・西武はクリスマスプロモーションの一環として、西武池袋本店の外壁に4人のアーティストによるグラフィティーアートを出現させた。期間は12月25日まで。

 明治通り沿いの30メートルの外壁は、日本のグラフィティーシーンのパイオニアとして知られるsnipe1が手掛けた。そのほかヨーロッパを拠点に活動するアーティストユニットのソーセン&ミナ ハマダ(ZOSEN & Mina Hamada)、KOMESENNIN9、FATEがそれぞれの個性を生かしたアートワークを施した。

 店内の階段や入り口にもアーティストらのアイコンをちりばめたほか、地下1階のスペースではグラフィティーアートを連想させるスプレー缶を用いたオブジェを設置した。さらに、西武池袋駅地下コンコースには、各アーティストが描いたクリスマスポスターを飾っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら