ファッション

“業界のママ”が手掛ける代官山セレクトが1周年 「N.ハリウッド」や「ヒステリックグラマー」とコラボ

 東京・代官山のセレクトショップ、スリー(ThReY)は11月16日に1周年を記念したコラボアイテムを発売する。同店はアパレルブランド「M」の森亮一ディレクターが代表を務め、恵比寿の会員制クラブ「カスバ(CASBA)」の増田令子オーナーをプロデューサーに迎えて昨年9月22日にオープンした。

 今回コラボしたのは「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」「ワコマリア(WACKO MARIA)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ウィンダンシー(WIND AND SEA)」「エフシーレアルブリストル(F.C. REAL BRISTOL)」の9ブランドと、スタイリストの野口強や馬場圭介、フォトグラファーの新田桂一、タレントのYOU、現代アーティストの加賀美健の5人。増田氏が同じくプロデュースをするブランド「パラダイス(PARADISE!)」と親交のあるブランド、人物が集結した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら