ファッション

“業界のママ”が手掛ける代官山セレクトが1周年 「N.ハリウッド」や「ヒステリックグラマー」とコラボ

 東京・代官山のセレクトショップ、スリー(ThReY)は11月16日に1周年を記念したコラボアイテムを発売する。同店はアパレルブランド「M」の森亮一ディレクターが代表を務め、恵比寿の会員制クラブ「カスバ(CASBA)」の増田令子オーナーをプロデューサーに迎えて昨年9月22日にオープンした。

 今回コラボしたのは「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」「ワコマリア(WACKO MARIA)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ウィンダンシー(WIND AND SEA)」「エフシーレアルブリストル(F.C. REAL BRISTOL)」の9ブランドと、スタイリストの野口強や馬場圭介、フォトグラファーの新田桂一、タレントのYOU、現代アーティストの加賀美健の5人。増田氏が同じくプロデュースをするブランド「パラダイス(PARADISE!)」と親交のあるブランド、人物が集結した。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら