ファッション

“業界のママ”が手掛ける代官山セレクトが1周年 「N.ハリウッド」や「ヒステリックグラマー」とコラボ

 東京・代官山のセレクトショップ、スリー(ThReY)は11月16日に1周年を記念したコラボアイテムを発売する。同店はアパレルブランド「M」の森亮一ディレクターが代表を務め、恵比寿の会員制クラブ「カスバ(CASBA)」の増田令子オーナーをプロデューサーに迎えて昨年9月22日にオープンした。

 今回コラボしたのは「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」「ワコマリア(WACKO MARIA)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ウィンダンシー(WIND AND SEA)」「エフシーレアルブリストル(F.C. REAL BRISTOL)」の9ブランドと、スタイリストの野口強や馬場圭介、フォトグラファーの新田桂一、タレントのYOU、現代アーティストの加賀美健の5人。増田氏が同じくプロデュースをするブランド「パラダイス(PARADISE!)」と親交のあるブランド、人物が集結した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら