ニュース

「アンダーアーマー」はロゴではなく製品のスーパーパワーが強み 米創業者が語るブランド哲学

 米アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)の創業者であるケビン・プランク(Kevin Plank)最高経営責任者(CEO)が来日し、今月13日に開店した国内最大店「アンダーアーマー ブランドハウス 新宿」で29日、同ブランドの日本総代理店であるドームの安田秀一CEOとの記者会見に登壇した。安田CEOは1998年にプランクCEOが会社を設立して以来の盟友。2人はこれまでを振り返りつつ、ブランド哲学などを語った。

 共にアメフト選手だった2人が出会ったのは、プランクCEOが26歳、安田CEOが28歳のとき。後に同ブランドの代名詞になった高機能アンダーウエアが開発されて間もないころだった。プランクCEOは「シュウ(安田CEO)は当時から『自分は大きなビジネスにする自信がある』と語っていた。私と似たタイプの男だと思った」と振り返る。以降、日米で緊密に連携を取りながら、売上高51億9300万ドル(約5556億円、2018年12月期)のグローバルブランドに育て上げた。

 安田CEOは両者の20年にわたる関係をシルクロードにたとえる。「シルクロードの交易でさまざまなものが運ばれて、新しい文化が広まったように、僕とケビンは交流し、互いを刺激しながら、新しいものを生み出してきた」。

 技術革新を重視するプランクCEOは、「一度体感してしまったら手放せなくなる製品が何よりの強み」と繰り返した。その上で「『アンダーアーマー』とはブランドのロゴではなく、製品に秘められたスーパーパワーを指す。少年少女が着用して、パフォーマンスが向上する自信と力を与えるものでなくてはならない」と話した。