ファッション

スケプタと「ナイキ」が4度目のコラボスニーカー“SK ショックス”を発表

 イギリスのグライムシーンをけん引するスケプタ(Skepta)と「ナイキ(NIKE)」は、コラボレーションしたスニーカー“SK ショックス TL スケプタ(SK SHOX TL SKEPTA)”を9月12日に発売する。価格は2万円で、「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や一部取り扱い店舗で販売する。

 両者のコラボは今回が4度目。ベースとしたのは衝撃を反発力に変える円柱状のクッショニングシステムが特徴的な“ショックス TL”で、ベースモデルに“エア マックス(AIR MAX)”シリーズを選ばなかったのは今回が初めて。アッパーはメッシュ地をメインに光沢のあるプラスチック素材を組み合わせ、サイドにはメタリックのスウッシュを配して、シュータンはコラボを象徴する“SK SHOX”の文字があしらわれている。また、インソールがスウッシュロゴとライオンがプリントされた特別仕様のものになっているほか、レッドのクッショニングシステムと合わせたシューレースを付属する。

 スケプタは5月、マーキュリー賞も受賞したアルバム「Ignorance is Bliss」収録曲の「Bullet From A Gun」のミュージックビデオに“SK ショックス TL スケプタ”を着用して出演しており、一部のファンの間では話題となっていた。

5月に公開された「Bullet From A Gun」のミュージックビデオでスケプタは“SK ショックス TL スケプタ”を着用していた

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら