ニュース

「ブリーフィング」から新ライン キャンプやハイキングなどのアクティブシーンに向けたバッグとウエア

 日本のバッグブランド「ブリーフィング(BRIEFING)」はキャンプやハイキング、フィットネスなどのアクティブシーンに向けて開発した新ライン“ブリーフィング エーエルージー(BRIEFING ALG)”を立ち上げた。バッグに加え、アパレルも展開し、8月31日から「ブリーフィング」直営店舗と取り扱い店舗、オフィシャルサイトで販売する。

 初シーズンとなる2019-20年秋冬では“山”をテーマにしたアイテムをラインアップ。バッグラインでは山と街中の両シーンで使用可能なバックパック(3万6000円〜)やファニーパック(1万3000円〜)をそろえる。ウエアは元プロスノーボーダーでモデル、デザイナーの福山正和がディレクションを担当し、自身のブランド「マンオブムーズ(MofM)」で培った技術などを生かし、ジャケットやフーディーを用意する。