ビューティ

「ジバンシイ」秋メイクコレクションは光と影が着想源

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は8月2日、光と影が着想源の秋コレクションを発売する。“エッセンス・オブ・シャドウズ”と名付けた同コレクションは、陰影だけで世界観を表現するセピア写真やモノクロ写真からヒントを得て、光と影を合わせることにより立体感を生み出している。

 ニコラ・ドゥジェンヌ(Nicolas Degennes)=メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターは「暗闇の奥にある光を表現したく、今回は一つのトーンの中にもさまざまな濃淡のカラーやテクスチャーを組み合わせ、影と光を作った」と語る。アイシャドウパレット「プリズム・イシム・アイズ」は1つのパレットでマット、サテン、メタリックと3種のテクスチャーのシャドウを含み、グレーとバーガンディーの2種が登場。グレー系の「エッセンス・オブ・グレー」はダークブルーからブルーホワイトまでそろえ、深みのあるグラデーションをかなえる。バーガンディー系の「エッセンス・オブ・ブラウン」はバーガンディーからピンクなどをそろえ、フェミニンな目元を演出する。

 リップスティック「ルージュ・アンテルディ・テンプテーション」は一塗りで高い艶と鮮やかな発色をかなえ、パープルとピンクが登場。「シャドウ・パープル」は透け感のあるグレーにパープルのニュアンスを加え、さらにピンクのマザーオブパールが輝きをプラス。「シャドウ・ピンク」はベージュに柔らかなピンクの色味をプラしし、セピア写真のような暖かなダークピンクだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら