ファッション

“着飾る”楽しさを体現するパリジェンヌ 2019-20年秋冬パリ・オートクチュール・ファッション・ウイーク

 6月30日〜7月4日、2019-20年秋冬オートクチュール・ファッション・ウイークがパリで開催された。ここ数シーズンはカジュアルなスタイルも一定の支持を得ていたが、今回は刺しゅうやレースが目を引く華麗なドレスに身を包み、思い切り着飾った来場者が多数。パリの街並みが、オートクチュールのランウエイに負けない華やかな空間となった。

 プレタポルテのトレンドを受けて、テーラードジャケットをチョイスした人も目立った。セットのパンツでマニッシュテイストを打ち出すか、ミニやプリーツのスカートなどでフェミニンに仕上げるかがスタイルの分かれ目となった。

 ドレスは、光沢のあるサテンや軽やかなチュール素材が人気。夏の陽気な気分を反映して、鮮やかなオレンジやブルーなど、エネルギッシュな色味も支持された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら