ニュース

オークションハウスのサザビーズが帝国ホテル内に国内初の店舗をオープン

 オークションハウスのサザビーズジャパンは、国内初となる店舗を帝国ホテル本館中2階にオープンした。サービスカウンターを設け、オークションへの入札・出品、作品の査定やコレクション形成・売却に関するアドバイスなど、アートや宝飾品に関するさまざまな顧客の要望に対応する。対応は全て日本語で行い、顧客と専門知識を持つ海外スタッフをつなげる役割を担う。

 1744年に創業したサザビーズ(SOTHEBY’S)は世界40カ国に80事業所と10カ所にオークション会場を持ち、西洋近代美術、現代美術、中国美術、時計、ジュエリーなど70以上の分野で年間約250のオークションを開催している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら