ファッション

「サイコバニー」が“危険な香り”の新モチーフ商品を日米同時発売

 ジョイックスコーポレーションが手掛けるニューヨーク発のブランド「サイコバニー(PSYCHO BUNNY)」は、新しいモチーフ“ミスチーフバニー”の初となるカプセルコレクションを今秋に日米同時発売する。“ミスチーフバニー”は、現状のオフィシャルロゴ“スカル&ボーンズ”のアイコンであるウサギの色を赤くし、目を入れているのが特徴だ。同ブランドの中心アイテムであるポロシャツをはじめ、Tシャツ、スエットパーカ、小物雑貨など、既存商品と同じ価格帯で販売する。

 来日したロバート・ゴドレー(Robert Godley)「サイコバニー」共同経営者兼デザイナーは「ミスチーフ(いたずら)な性格に愛らしさを加えたデザインで、少し危険な香りがするイメージを出した。もし、このキャラクターに音楽をつけるとしたら、ジョニー・リバース(Johnny Rivers)の『シークレット・エージェントマン』がぴったりかもしれない。これまでとは違う個性を表現し、新しいファンを増やすことが狙いだ」と話した。最近の商況については、「アメリカは前年比50%増で成長している。日本でも伸びているが、成功のカギはさらにブランド認知度を高めること。来年のブランド設立15周年を飛躍のきっかけにしたい」と語った。

 「サイコバニー」は今年4月、アメリカ・フロリダ州マイアミの商業施設アベンチュラモールに初の旗艦店をオープンした。日本は東京・渋谷の路面店のほか、4月26日に大丸京都店がオープンし全18店舗。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。