フォーカス

19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek9 体脂肪1ケタで糖質解禁!!で、「リバウンドしないの?」

 ファッション&ジム中毒の「WWD JAPAN.com」編集長が、2019年春夏シーズン最大のトレンドであるスポーツスタイルの代表格「MSGM」をカッコよく着るため、「RIZAP」に通い始めたこの企画。

■19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek8 1カ月半でここまで! ドキドキの中間計測

 さて、無事に「筋肉量を維持しながら、体脂肪率を1ケタまで落とす」のフェーズが終了したムラカミは、ゴールデンウィークから第2ステージ、今度は「体脂肪率をキープしながら筋肉量を増やす」期間に突入しました。

 そこで伊藤祐トレーナーから、ありがたい“解禁”のお知らせ。ほぼ2カ月ぶりの、フルーツ&主食の解禁です‼︎

 やったー!

 ボジョレー・ヌーボーの解禁はもちろん、さまざまなファッション&ビューティニュースの“解禁(「ニュースのアップは、この時間以降にしてください」っていうお願い。時々あります)”よりもうれしい(⁉︎)、「ザ・ベスト・オブ・解禁」。とは言え糖質は段階的に増やす必要があり、まずは「朝バナナ1本。お昼はごはんをお茶碗で軽く一杯」程度と50~70gに控えていた糖質を120g程度まで増やすってカンジ。フルーツやパンを食べていいなんて!遅ればせながら購入した「バルミューダ(BALMUDA)」のトースターが、我が家でようやく稼働を始めました(笑)。余談ですが「バルミューダ」、マジでスゴいですねw。トースト、ウマっ!

 糖質“解禁”で最初に食べたのは、「いきなり!ステーキ」のワイルドステーキ(300g)と、ごはんを軽く。この後「いきなり!ステーキ」では、「ガーリックライスの方が糖質も少なく、栄養価が高いです」と教えていただき、そちらに変えていますが、2カ月ぶりの白米、涙が出るほど美味しかったです!

 でスゴいのが、カラダ、特に血流が食事の最中から目に見えてエネルギッシュになったこと!腕の血管が浮き出て、静脈からも血流を感じ、「うぉーーー!やってやるぜーーー!」みたいな感じに大変身。「あぁ、やっぱり糖質は、即座に燃えるエネルギーなんだな」と実感します。以降、特に高GI、摂取すると早い段階で血糖値が上昇する白米とかを食べると、カラダが一気に元気になります(笑)。びっくりしたのは、筋トレ直後にはGI値の高い炭水化物を摂取すべきという話。「筋トレ後に炭水化物なんて!」と思いましたが、「トレーニング後に高GIの食物を摂取すると、筋肉の成長に欠かせないエネルギーを一気に、素早く届けられるため筋力向上に効果的!だからトレーニング後は、“あえて”血糖値が上がりやすいものを」のだそう。一方、低GIの炭水化物を摂取すれば、血糖値の上昇は穏やかに。こちらは、完食にオススメ!食べてもすぐお腹が空いてしまう人、眠たくなってしまう人は、炭水化物のGI値をチェックするのが良いかもです。

 ということで、「大戸屋」では、五穀米(軽め)の摂取が認められ、単品ではなく定食が食べられる人に(笑)。食事は皆さま同様にかなり近づきました。

 肝心の体脂肪率は、糖質を入れた直後こそ、9%台から11.0%とジャンプアップし、「このまま、糖質を入れ続けていいのか?」と不安になりましたが、伊藤トレーナーは、「問題ありません」と断言。言葉通り、マンツーマンの筋トレで筋肉量を増やしつつ有酸素運動を続けると、「ある程度の糖質なら、摂取しても燃やせるカラダ」になるもので、その後は数値も下がり8%後半から9%後半で落ち着いています。聞くと伊藤トレーナーは普段、体脂肪率を8%台(通常時。現在はコンテストのためストイックに3%台を目指しているそうですw)に維持していますが、そこそこ糖質を入れている。僕でさえ最近は朝、「あ、ちょっとダルいから糖質入れとこう。このくらいなら、多分、体脂肪に影響しないな」とか「昼を魚と野菜にすればいいから、今はパンもいっとこー」みたいな感覚が掴めてきて、朝にバナナもパンも食べたり、バナナだけにしたり、ちょっと糖質は控えたりなどのジャッジができるように。体脂肪率のコントロールはフェーズ1より簡単になりました。やっぱり筋肉量を増やすって、大事なんですね(笑)。

 今のカラダは、
・体重:55.3kg(当初比-4.0kg、前週比+1.3kg)
・体脂肪率:9.9%(同-5.5%、同+0.4%)
・筋肉量:47.2kg(同+0.9kg、同-0.6kg)

 さて、そんな筋トレもフェーズ2に移り、ちょっと変化。次回はそんなお話です。

【今週の“マッスルレビュー”: 「トリー スポーツ」2019年春夏コレクション】

 連載では毎回最後に、伊藤トレーナーにモデルのカラダの側面から、ミラノ&パリのメンズブランドを分析していただきます(伊藤トレーナー個人の見解です)。ブランドは千差万別。その世界観を体現するモデルも千差万別。彼らのカラダを分析すれば、ブランドの新たな魅力に気づくかもしれないし、もっとカッコよく洋服を着こなせるかもしれません。さぁ、今回はガチのスポーツブランド。「トリー バーチ(TORY BURCH)」のお嬢様感をアクティブウエアに落とし込んだ「トリー スポーツ(TORY SPORT)」です。

 今回は、初心に帰って「スポーツウエア」についてレビューします!我々トレーナーが最も目にする1つが、このスポーツウエアです。「RIZAP」でこれまでたくさんのお客様を担当させていただきましたが、結論から言うと、「ボディーメークが長続きする方は、スポーツウエアを楽しんでいる傾向にあります。

 「RIZAP」では手ぶらでもご来館いただけるよう、Tシャツやハーフパンツを貸し出しています(いたって普通の半そで&短パンのイメージです)。

ボディーメーク初期は、ご自身の体型に悩みを抱えている方が多いので、貸出ウエアを着用する方がほとんどですが、徐々に体型が美しく、カッコよくなると、ボディーラインが徐々に映えるウエアに移行されます(笑)。

「筋肉は最高のおしゃれ」という名言があるよう、ボディーメークで体型が変わると自分が思う何倍ものスタイルを楽しめるようになるのです。それはもう、楽しくてたまりません(笑)。

街中で着たかったウエアを「華麗に着こなして」歩く優越感は、ボディーメークに成功した誰もが感じることでしょう。

 女性は、
・ウエストラインを見せるためにブラトップなどを
・デコルテラインを強調するためにタンクトップなど
・ヒップ&脚のラインを見せつけるためにスポーツレギンスなど 
 一方の男性は、
・胸を強調するためにVネックシャツなど
・肩、腕、背中回りを見せつけるにはタンクトップなど

どんどんラインを強調するスタイルに。そして、どんどん個性的なスタイルに(笑)。

人間に欲がある以上、そういう思考になるんです!

それは、人生を豊かにするボディーメークの大きな醍醐味の1つだと思います。

 「トリー スポーツ」は、個性的でさまざまなスタイルのスポーツウエアを展開しています。自分のなりたい理想ボディーに合うスタイルを探し、「絶対にこれを着こなそう!」と高い目標を設定するだけで、かなりモチベートされますよ!夏に向けて、自分史上最高のカラダをつくりましょう!