ファッション

ネイマールが「ディーゼル」とコラボ香水 サッカーにも通用する香りに込めた思い

 ブラジルのサッカー選手、ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Junior)は「ディーゼル(DIESEL)」とコラボし、メンズの香水を手掛けた。「ディーゼル」にとってスポーツ選手との香水コラボは初めてで、今春発売予定だ。

 「ディーゼル」の香水を手掛けているロレアル(L’OREAL)のリュクス部門のギヨーム・ドゥ・レスケン(Guillaume de Lesquen)=グローバル プレジデントは、「ネイマールはサッカー界において多くの人にインスピレーションを与える人物だ。彼は強いパーソナリティーとスタイルを持ち、世界中の若者に勇気を与えている。キャンペーン広告だけに起用するのではなく、彼と一緒に香りを作った」とコメントしている。

 「ディーゼル」は、ヨーロッパのメンズのプレステージフレグランスにおいてトップ10に入る人気だ。今回の発売でアメリカやアジアでのさらなる人気につながるとみられ、業界筋によると初年度の売り上げは1億ドル(約111億円)を見込むという。

 米「WWD」はネイマールに、香水のコンセプトや香りについてインタビューをした。

WWD:香りはいつから好きなのか?

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(以下、ネイマール):初めての香水の記憶は母親のものだ。その香りをかぐと一気に幼少時代を過ごしたブラジルを思い出し、安心感と幸福感に包まれるんだ。

WWD:香りを作るにあたりどういったアプローチをとったのか?

ネイマール:今回のプロジェクトでは、私がクリエイティブプロセスの中心にいさせてもらった。私は昔からファッションが大好きで、ドレスアップすることは大事だと思ってきた。いい格好をするといい気分になれるから。香りもその一環だと思う。

WWD:今回の香りについて教えてください。

ネイマール:大胆で斬新でありながらもフレッシュでエレガントな香りにしたかった。つけているだけでエネルギーと自信がつくようなものだ。

WWD:パッケージのこだわりは?

ネイマール:パッケージも、強さがありながら洗練されたものを心掛けた。そして“自信”と“ブレイブリー(勇敢)”をイメージした。私にとって大切なカラーであるブラックとゴールドを用いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら