ファッション

【平成プレイバック】 武内一志メルローズ社長が振り返る「駅ビルの登場と成長」

 便利な立地のターミナルビルが、すてきなブランドをたくさん取り入れ、日本のファッションの中心的な館になったこと。接客も含めて、いろんなエンターテインメント性を持っているのも魅力だ。東京だけでなく地方にも広がり、大きくファッション市場が変化した。

武内一志メルローズ社長:1959年生まれ。85年にビギにデザイナーとして入社。92年にメルローズに移籍後、「マルティニーク(MARTINIQUE)」「ティアラ(TIARA)」などメルローズの現在の主力ブランドを立ち上げ、路面店やファッションビルなどのさまざまな商業施設に出店。2007年から現職 PHOTO : SHUNICHI ODA

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら