ファッション

3年以内に10億円ブランドへ エースが伊トラベルバッグ「ブリックス」と国内総販売店契約

 「プロテカ(PROTECA)」などを手掛けるエースは、イタリアのトラベルバッグブランド「ブリックス(BRIC’S)」と国内総販売店契約を締結した。7月1日からエースが独占販売する。

 「ブリックス」は1952年創業で世界40カ国以上に展開する老舗ブランド。日本には94年に初上陸し、現在の小売りベースでの売上高は約2億円。エースはこれを初年度中に倍増することを目指し、3年後には10億円ブランドに成長させたいという。また、現在は伊勢丹新宿本店や小田急百貨店新宿店など百貨店を中心に10店舗で展開しているが、販路を拡大し百貨店は30店舗以上まで増やすことを目指す。現時点では路面店やショップインショップの展開予定はがないが、将来的には可能性があるという。

 契約締結についてエースは、「『ブリックス』の伝統や独自性の高い洗練されたプロダクトに魅力を感じた。多様化する消費者の要望に応えるため、ファッション要素の高いブランドを展開することで新たな顧客層への提案、国内市場の拡大に期待する」と説明する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら