ニュース

恋人のドキドキ指数を測定! 「リステリン」が心の距離を近づけるボックスを開発

 ジョンソン・エンド・ジョンソンのマウスウオッシュブランド「リステリン(LISTERINE)」は、新感覚タブレット「リステリン ウォータリータブレット」の発売を記念し、仲良くなりたい2人が“口臭を気にせずお互いの心の距離を近づける”ことができる巨大マッチ箱「マッチボックス」を4月11日から設置する。場所は、東京・中目黒の高架下にあるラブとアートがテーマのレストラン「パビリオン」。お互いの心が一定値以上になった場合はレストランのカップルシートを“2人占め”できる権利がプレゼントされる。

 2人のマッチ度が診断できるマッチ箱「マッチボックス」は、“壁ドン”をすることで手のひらの脈や発汗、体温などからお互いのドキドキ指数=マッチ度をチェック。マッチ度が一定値以上になった場合、レストランのカップル向けオリジナルカクテルが割引になるクーポンや、サカナクションの山口一郎によるアート作品に囲まれながら密着できるカップルシートを利用する権利が与えられる。「マッチボックス」の設置期間は15日まで。

 「リステリン ウォータリータブレット」は、かみ砕くだけで口内をリフレッシュできるタブレット。水を飲まずに使用できるため、時間や場所を気にしなくてもよい気軽なオーラルケアスタイルとして提案している。