ファッション

東南アジアのミレニアル女性に照準、クールジャパン機構がシンガポールのベンチャーに出資

 官民ファンドのクールジャパン機構はこのほど、シンガポールに拠点を置くスタートアップ企業で、インフルエンサーマーケティングを行うクローゼット(CLOZETTE)社に、最大で1350万シンガポールドル(約11億円)の出資を決めた。クローゼットはシンガポールとインドネシアを中心にインフルエンサー3500人を抱え、東南アジアで成長著しいミレニアル女性マーケットへ高いリーチ力を持つ。

 これまでクールジャパン機構は日本企業への出資が中心だったが、昨年10月にはLA拠点のテイストメイド(TASTEMADE)に出資するなど、海外のスタートアップ企業への出資も積極化。今回は成長著しいシンガポール発のスタートアップを取り込むことで、日本のコンテンツを海外に送り込む。

 クローゼット社は2010年8月創業で、創業者兼CEOのロジャー・ユアン(Roger Yuen)氏はすでに数社を起業しているアントレプレナー。米系ベンチャーキャピタル(VC)のウォルデンインターナショナル(Walden International)やシンガポールの有力VCのフィリップ プライベート エクイティ(Phillip Private Equity)などからの出資を受けており、クールジャパンからの出資はシリーズCになる。クライアントには日欧米の大手化粧品メーカーやファッションブランドを抱えており、スタートアップ企業ながら安定した収益基盤を持つ。

 クールジャパン機構は出資により、クローゼット社のジャパン社設立を後押しするとともに、日本の有力なファッションビルやブランドなどへ売り込む。東南アジアでは日本のブランドへの関心が高い、クローゼット社は自社のオウンドメディアにも“クールジャパン”カテゴリーを作るという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら