ビジネス

ロフトが初のコスメ専門店を東急プラザ表参道原宿にオープン

 ロフトは、同社初となる美容・健康雑貨に特化した新業態店舗「コスメロフト」を展開する。4月19日に、第1号店を東急プラザ表参道原宿の5階にオープンする。

 コスメロフトは、約155平方メートルの広さに“表参道の街角ビューティステーション”をコンセプトに約6000~7000アイテムをそろえる。コスメをメインにトレンド雑貨などもあわせて編集し、「トレンド」「ベーシック」「オリジナル」の3つのテーマで構成した使い勝手の良いデイリーユースな店舗となる。

 表参道という立地から、トレンドをけん引するアイテム発信や、ロフトオリジナルのコスメブランド「ロフコス」などを展開するほか、ミレニアル世代特有の肌に着目した資生堂のスキンケア&ボディーケアブランド「レシピスト(RECIPIST)」の初の常設販売を開始する。また、バイヤーがイチ推しする話題の新作コスメとして「ウズ バイ フローフシ(UZU BY FLOWFUSHI)」のアイライナー「ウズ アイオープニングライナー」や、「フジコ(FUJIKO)」のアイシャドウ「フジコシェイクシャドウ」、「フーミー(WHOMEE)」の「アイシャドウパレット」などを販売する。

 オープン当日にはオープニングイベントとして、YouTubeを中心に活躍する「元美容部員 和田さん。」の来店イベントを開催。参加は事前抽選制で、ロフトアプリで詳細を案内している。そのほか、購入者特典のトートバッグなど特別企画を用意している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら