ビジネス

ロフトが初のコスメ専門店を東急プラザ表参道原宿にオープン

 ロフトは、同社初となる美容・健康雑貨に特化した新業態店舗「コスメロフト」を展開する。4月19日に、第1号店を東急プラザ表参道原宿の5階にオープンする。

 コスメロフトは、約155平方メートルの広さに“表参道の街角ビューティステーション”をコンセプトに約6000~7000アイテムをそろえる。コスメをメインにトレンド雑貨などもあわせて編集し、「トレンド」「ベーシック」「オリジナル」の3つのテーマで構成した使い勝手の良いデイリーユースな店舗となる。

 表参道という立地から、トレンドをけん引するアイテム発信や、ロフトオリジナルのコスメブランド「ロフコス」などを展開するほか、ミレニアル世代特有の肌に着目した資生堂のスキンケア&ボディーケアブランド「レシピスト(RECIPIST)」の初の常設販売を開始する。また、バイヤーがイチ推しする話題の新作コスメとして「ウズ バイ フローフシ(UZU BY FLOWFUSHI)」のアイライナー「ウズ アイオープニングライナー」や、「フジコ(FUJIKO)」のアイシャドウ「フジコシェイクシャドウ」、「フーミー(WHOMEE)」の「アイシャドウパレット」などを販売する。

 オープン当日にはオープニングイベントとして、YouTubeを中心に活躍する「元美容部員 和田さん。」の来店イベントを開催。参加は事前抽選制で、ロフトアプリで詳細を案内している。そのほか、購入者特典のトートバッグなど特別企画を用意している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら