ファッション

ハーゲンダッツが新フレーバーのサンプリングイベント レモン狩りやピクニックが楽しめるエリアを用意

 ハーゲンダッツ ジャパンは、アイスクリームサンド“クリスピーサンド”シリーズで、レモンを使った新フレーバーの発売を記念し、先行サンプリングイベントを4月6日に東京・南青山のシェアグリーン ミナミアオヤマで開催する。

 新フレーバーは“ウィークエンドシトロン 〜焦がしバターのレモンケーキ〜”で、フランスの伝統的なレモンの焼き菓子“ウィークエンドシトロン”をイメージ。ほのかな酸味のレモンカスタードソースを加えた焦がしバターアイスクリームを、程よい苦味が楽しめるレモンホワイトチョコレートで包み、さくさくとしたウエハースでサンドした。価格は272円で、4月9日から期間限定で販売する。

 サンプリングイベント「ハーゲンダッツ ウィークエンド レモンガーデン(Haagen-Dazs Weekend Lemon Garden)」は、同商品のサンプルを5000個用意するほか、レモン狩りの疑似体験やフレンチピクニックをイメージしたエリアなども設置する。

■Haagen-Dazs Weekend Lemon Garden
日程:4月6日
時間:12:00〜
場所:シェア グリーン ミナミアオヤマ
住所:東京都港区南青山1-12-32

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら