ファッション

“大人ガーリーの宝庫” 「ミュウミュウ」2019-20年秋冬ショーの来場者はテーラード × フリル

 「ミュウミュウ(MIU MIU)」は、パリコレ最終日の3月5日にショーを開催した。同日朝に「シャネル(CHANEL)」がショーを行っていたが、ファッショニスタたちは4時間後の「ミュウミュウ」のショーに着替えて来場していた。会場外にはスナップ目的のカメラマンがおそよ数百人駆けつけ、女優たちが歩くたびに名前を叫んでポーズを求めた。

 「ミュウミュウ」は数多くの女優をショーに招待している。フロントローには、ブランドの新作香水「ツイスト(TWIST)」の広告塔も務める女優のエル・ファニング(Elle Fanning)をはじめ、クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)、グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie)らが並んでいた。米ドラマ「傷-シャープ・オブジェクト」に出演する女優のエリザ・スカンレン(Eliza Scanlen)は、ボウズヘアにイメチェンした姿で訪れた。

 多くの来場者が着用していた19年春夏は、グレーやブラックのニットやテーラードジャケットで落ち着いたカラーのクラシカルなアイテムに、フリルや花のモチーフなどブランドらしいガーリーな要素もあり、まさに大人ガーリー。日本からはAMIAYAやマドモアゼル・ユリア、ファリーン トーキョー(Faline Tokyo)のBABY MARYらが来場していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら