ファッション

“大人ガーリーの宝庫” 「ミュウミュウ」2019-20年秋冬ショーの来場者はテーラード × フリル

 「ミュウミュウ(MIU MIU)」は、パリコレ最終日の3月5日にショーを開催した。同日朝に「シャネル(CHANEL)」がショーを行っていたが、ファッショニスタたちは4時間後の「ミュウミュウ」のショーに着替えて来場していた。会場外にはスナップ目的のカメラマンがおそよ数百人駆けつけ、女優たちが歩くたびに名前を叫んでポーズを求めた。

 「ミュウミュウ」は数多くの女優をショーに招待している。フロントローには、ブランドの新作香水「ツイスト(TWIST)」の広告塔も務める女優のエル・ファニング(Elle Fanning)をはじめ、クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)、グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie)らが並んでいた。米ドラマ「傷-シャープ・オブジェクト」に出演する女優のエリザ・スカンレン(Eliza Scanlen)は、ボウズヘアにイメチェンした姿で訪れた。

 多くの来場者が着用していた19年春夏は、グレーやブラックのニットやテーラードジャケットで落ち着いたカラーのクラシカルなアイテムに、フリルや花のモチーフなどブランドらしいガーリーな要素もあり、まさに大人ガーリー。日本からはAMIAYAやマドモアゼル・ユリア、ファリーン トーキョー(Faline Tokyo)のBABY MARYらが来場していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら