ニュース

スマートシューズのNNFが2億5000万円の資金調達

 スマートシューズ「オルフェ(ORPHE)」を展開するノー・ニュー・フォーク・スタジオ(NO NEW FOLK STUDIO以下、NNF)はこのほど第三者割当増資を行い、総額2億5000万円を調達した。調達ラウンドはシリーズA。引受先は「シックスパッド(SIXPAD)」で知られるMTG傘下の投資ファンドMTGベンチャーズと三菱UFJ信託銀行で、既存株主でモノ作り系専門のベンチャーキャピタル(VC)のDarma Tech Labsと、孫泰蔵氏の率いるVCのミスルトウ(MISTLETOE)も追加出資を行った。累計の調達額は3億5000万円になる。

 NNFは、最新の工作機械を備えた秋葉原のコワーキングスペースDMM.makeに拠点を置くスタートアップ企業。「オルフェ」はシューズにセンサーなどを組み込み、動きに応じて音や色が変化するスマートシューズで、試作品は海外のクラウドファンディングで11万ドル(約1210万円)を集め話題になった。過去には「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「マスターマインド・ジャパン(MASTERMIND JAPAN)」「ノナゴン(NONAGON)」などとコラボレーションしている。

 NNFは今回調達した資金を活用し、今春リリース予定の、足の動きから精緻なデータを解析する世界初のスマートシューズプラットフォーム「オルフェ・トラック(ORPHE TRACK)」の開発に充てる。「オルフェ・トラック」は足の動きのデータから機械学習を行い、いずれはランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスするという。

 MTGグループは、同社のブランディングとマーケティングをサポートすることで、BtoCと共にBtoB向けの販路拡充、「オルフェ・トラック」を使った商品(一般向けのシューズなど)の海外展開も視野に入れる。将来的には、「オルフェ」シリーズから得られるデータとMTGグループが持つウエルネスブランドとを連携。ビューティ&ウエルネスの事業分野の拡大を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら