ニュース

そごう横浜店「メイクアップステーション」が無料のハウツー動画“持ち帰り”サービス

 そごう横浜店は、地下1階のビューティフロア内にあるメイクアップステーションで、ハウツー動画の“持ち帰り”サービスを3月4日から開始する。ビューティスタイリストによるメイクアップのパーソナルカウンセリングをスマートミラーで録画し、スマートフォンに転送することで、来店客はアドバイスを受けたメイクを自宅で動画を確認しながら再現できるようになる。

 スタートする「ハウツー動画付きアドバイス」(約60分、要予約/無料)で使用するスマートミラーは、米国シリコンバレーと香港に本社を構えるアクティミラー コーポレーション(actiMirror Corporation Ltd.)の「アクティ ミラー」。日本へは2018年にITサービス事業を行うテック・パワーが日本総代理店契約を締結したことで上陸した。ハウツー動画はSNSへの投稿も行えるファイル形式になっており、SNSを通した拡散や紹介も可能となる。

 そごう横浜店は18年3月から段階的にビューティフロアの拡張を行い、11月に全改装が完了した。なかでも、地下1階のビューティフロア中心に設置された「メイクアップステーション」は、パーソナライズなコンサルテーションサービス強化の一環として設置。フロア内にあるさまざまなブランドの製品を自由に試せるメイクアップバーや、常駐するビューティスタイリストによるポイントメイクカウンセリング(約30分、同)やフルメイクアドバイス(約60分、同)の無料サービスが人気となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら