ファッション

「ゾフ」が誕生20周年の仏「リサとガスパール」とコラボ フレンチシックな眼鏡発売

 眼鏡ブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、今年誕生20周年を迎えるフランスの絵本とアニメの作品「リサとガスパール」とのコラボレーションによる「ゾフ×ガスパールとリサ(ZOFF×GASPARD ET LISA)」を、2月15日に「ゾフ」全店とオンラインストアなどで発売する。

 同コレクションは、パリで暮らすリサとガスパールをイメージしたフレンチテイストのデザインで、トリコロールやボーダー、アンティーク加工などを用い、パリ・モードをイメージした“エスプリライン”と、春らしいカラーリングの“マカロンライン”の2タイプがある。価格は“エスプリライン”が9000円、“マカロンライン”が7000円(共に標準レンズ代込み)。

 「リサとガスパール」はパリ在住のアン・グットマン(Anne Gutman)とゲオルグ・ハレンスレーベン(Georg Hallensleben)夫妻によって生み出された絵本シリーズのキャラクター。1999年にフランスで出版され、累計販売部数は200万部以上で、アニメーションは世界80カ国以上で放送されている。また、山梨県の富士急ハイランドに世界初のテーマパーク“リサとガスパールタウン”がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら