ファッション

“現代ホスト界の帝王”ローランドが本気のヘアケア品を発売 トークショーに300人

 新宿高島屋は2月6〜12日、“現代ホスト界の帝王”ことローランド(ROLAND)が手がけるコスメブランド「ローランデール(ROLANDALE)」のポップアップショップを8階の「ウェルビーフィールド」にオープンした。6日にはローランドのトークショーを開催、約300人以上が集まり、ローランドが登場した時には割れんばかりの黄色い歓声が飛び交った。

 「ローランデール」は、六本木の美容院ロアナ(LOANA)の山根裕司が監修した、2種のヘアオイルで、デイリー使いできる「THE BLACK」(5900円)と、艶としなやかさ、触り心地全てを追求し、シルクのような髪質を実現する「THE GOLD」(5万円)を展開。また、美容外科の真崎医院の真崎信行が監修した、トレーニング向けと二日酔いをケアする2種類のサプリも用意する。6日から新宿高島屋で先行販売し、9日に公式オンラインストアで発売する。

 開発に2年を費やしたという「THE BLACK」と「THE GOLD」についてローランドは「元々ヘアケアにはかなり気を使っていたが、市販のものが納得できないから自分で作るしかないと思った。世界中から髪に効くとされる成分を集め凝縮した、世界で一番高級なヘアケアだと思う」と語る。2種類の使い分けについては「デイリーケアでは『THE BLACK』を使って、特別な日だけ『THE GOLD』を使おうかな。ただ俺にとって毎日が特別な日だから、結果的に毎日『THE GOLD』になってしまう」と“ローランド節”が炸裂。

 サプリメントは「女の子は“笑顔が最高の化粧”だというけど、男の最高の化粧は健康だと思う。女性は笑顔に、男性は健康にしてあげたい」と思いを語った。

 新宿高島屋の菅家貴文シニアマネジャー兼ストアバイヤーは、「美を追求するカリスマとしてメディアでも大人気のローランド氏に着目した。彼は自分の美を追求するのに外見だけでなく内面もケアしなければならないという熱い思いを持っていて、その思いやコンセプトを最大限引き出せる場所として『ウェルビーフィールド』での発売イベントを企画した。彼のような影響力の強い方が発信することで、より多くの方に美と健康“ウェルビーイング”に興味を持っていただければ」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。