ニュース

集英社がエンタメ事業を開拓 DeNAとの共同会社設立

 集英社は、ディー・エヌ・エー(DeNA)とエンターテインメント領域での共同事業を行う共同出資会社、集英社DeNAプロジェクツ(仮称)を2月12日に設立する。資本金は1億円で、出資比率はディー・エヌ・エーが51%、集英社が49%。社長にはディー・エヌ・エーの渡辺圭吾・執行役員 渉外統括本部長が、取締役には集英社の茨木政彦・常務が就任する。

 集英社とDeNAは過去にも、ゲームやアバターをはじめとしたコラボレーション企画や電子書籍の販売などで協業してきた。新会社では、集英社のコンテンツ制作の知見やキャラクターなどのライセンスビジネスを通じて得た商品化スキルと、ディー・エヌ・エーのインターネットサービスの開発・運営経験を組み合わせ、エンターテインメント領域の新たな取り組みを模索する。具体的には、漫画のキャラクターを使用したIPゲームや、国内外に向けた新たなデジタルエンターテインメントサービスを共同開発する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら