ファッション

普段は銀行員や高校生!? コスプレ“ピッティくん”の素顔を暴く!

 メンズファッションの祭典「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)」の見物(みもの)といえば、歴史とテクニックに裏打ちされたクラシコイタリアの奥深い世界……、ではなくピンクやイエロー、グリーンのスーツで決めた“ピッティくん”ではないでしょうか。「コスプレーヤー」「サクラ」とも形容され、目的なく(も見え!)たむろする彼らは、今や「ピッティ」の風物詩。でも、ちょっと待って。彼らはどこから来ているの?目的は?年齢は?職業は?……10年来「ピッティ」に通うジャーナリストたちも、実はよく分からない彼らの生態に迫ります!

 まず声を掛けたのは、陽気にはしゃいでいた4人組。聞けば国籍も職業もバラバラで、左からオーストラリアのテーラーショップのオーナー、フランスのインフルエンサー、ファイナンスの仕事をしているナミビア人と南アフリカ人。「ピッティ」で知り合い、年に2回顔を合わせるうちに今ではファミリーのような存在になったとか。「普段から連絡を取り合い、ファッション関連の仕事でコラボレーションもしているよ」。4人ともサングラスは提供されたものだとか。

 お次は、ピンクがキーカラーの彼。あどけなさが残るので年を尋ねると、なんと地元の高校生!3年前、15歳のときに初めて訪れた「ピッティ」で、彼の中の何かが爆発。その後、自慢のファッションで「ピッティ」を訪れたところスカウトされ、今では複数のファッションブランドがPRのために商品を提供。仕事として朝10時から会場を“うろうろしている”んですって。「『ピッティ』期間外は、しっかり勉強しているよ。ブロガーとしても活動しているんだ」。

 オレンジのスーツに身を包んだ彼の職業にも驚かされました。だって銀行員なんですもの。もともとのファッション好きが高じて、数年前から休暇を取ってはアドリア海沿いの街リミニから車で「ピッティ」に通っているとか。服は全て自前で、4日間異なる着こなしで会場内を歩き回っていました。「『ピッティ』は、年に2回の非日常体験。まじめに働いて、稼ぎはほとんど服に投資しているよ」。なるほど、コートの襟元はしっかりミンクでした……。

 女の子にも聞きました。フィレンツェのファッション専門学校ポリモーダでアートディレクションとデザインを学ぶカナダ人の彼女も、ブランドから提供された服を着てPR活動。この日は午前中にファッション撮影を終えて会場入り。「ギャラはないけれど、服は全てプレゼントされるから、学生の私にとってはありがたいの」。

 最後は、ザ“ピッティくん”なグリーン、イエロー、オレンジコートの3人組。ポルトガルブランド「オフィチーナ’38(OFFICINA’38)」のクルーで、他にコンサルタントやインフルエンサーとしても活動しているそう。「昼ごろ来場して夕方まで会場内を歩き回り、ブランドをアピールしているよ」。コートの裏地は、ど派手なシルクプリントでした。

 “ピッティくん”って皆スカしているし、何を考えてるだろう?といささか警戒していたところもあったんですが、4日間いろんな人に声を掛けて、ずいぶんと印象が変わりました。当たり前ですが、彼らにも「ピッティ」以外の日常があり、「ピッティ」を祭りととらえてストレス発散したりアピールしたり。短い間ですが声を交わしたことで、ぐっと親近感がわいたし、陰ながら彼らの活動を応援しよう!なんて思ったのでした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。