ファッション

メンズ最大見本市ピッティ2019-20年秋冬コレクション 「Y/プロジェクト」がゲストデザイナーに

 2019年1月8~11日にフィレンツェで開催されるメンズ最大の見本市、第95回ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)のゲストデザイナーを、「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」のグレン・マーティン(Glenn Martens)=クリエイティブ・ディレクターが務め、「Y/プロジェクト」19-20年秋冬メンズ・コレクションをショー形式で発売する。

 ラポ・チャンキ(Lapo Cianchi)=ピッティ コミュニケーション・アンド・イベント・ディレクターは同クリエイティブ・ディレクターについて「相反するものを組み合わせて、新たな美的表現を生み出した。彼の作品はトレンドの最先端と合致しながらも、非常にしっかりしたコンセプトに基づいている。ウィットの利いた独特なファッションセンスは、自由かつ冒険的で遊び心があり、こうあるべきという境界線がない」と語った。

 同クリエイティブ・ディレクターは、「Y/プロジェクト」創業者で13年に亡くなったヨハン・セルファティ(Yohan Serfaty)の後任として現職に就任。17年にはフランス国立モード芸術開発協会主催の「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award)」グランプリを受賞。18年6月には「ディーゼル(DIESEL)」の「レッドタグ プロジェクト(Red Tag Project)」の協業デザイナーとして、ミラノでカプセルコレクションを披露した。

 「Y/プロジェクト」はドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)、セルフリッジ(SELFRIDGES)などで販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら