ニュース

ストライプと岡山大学が起業家育成のためのビジネス講座

 ストライプインターナショナルが地元の岡山大学と提携し、起業家精神を持った人材を育成するビジネス講座「SiEED(シード)」を2019年4月に開講する。国内外から経営者や研究者などの講師を招き、岡山から世界で活躍する人材を育てる。岡山大学の学生だけでなく、ビジネスマンや教職員、公務員、高校生などにも門戸を広げる。ストライプは運営経費を負担する。

 東京への一極集中に危機感を持つストライプの石川康晴・社長と岡山大学の槇野博史・学長の思惑が一致し、タッグを組むに至った。都内で行われた会見で、同大の卒業生でもある石川社長は「20〜30年後も現在の(岡山の)地元企業が雇用を創出できるとは限らない。岡山の未来を支えるリーダーの育成は不可欠だ」と話した。槇野学長は「岡山大学にはバイオテクノロジーや情報テクノロジーなどの宝物とも言える研究成果があるが、必ずしもそれらを生かしきれていない。『SiEED』を人材育成だけでなく、教職員の意識改革にもつなげたい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら