ファッション

安室奈美恵の担当メイクアップアーティスト中野明海と「今治タオル」がコラボ

 今治タオル工業組合が推進するジャパンブランド「今治タオル」はコラボレーションプロジェクトの第一弾として、安室奈美恵のヘアメイクを26年間担当したことでも知られる中野明海ヘアメイクアップアーティストを起用し、美容の観点から作った“肌と髪にとことん優しいタオル”を31日に発売した。サイズはウオッシュタオル、フェイスタオル、ミニバスタオルの3種で、価格は800〜4000円。

 「今治タオル」は佐藤可士和クリエイティブ・ディレクターにより産地再生をテーマとした「今治タオル再生プロジェクト」により認知を拡大してきた。今回のプロジェクトについて佐藤クリエイティブ・ディレクターは「10年ほどかけて“タオルといえば今治”という認知を広げてきて、2年前から次のフェーズを考えていた。シャンパーニュ地方にいろんなシャトーがあるように今治にもいろんなメーカーがある。メーカーを際立たせたい」と話す。

 組合には105社が加盟するが、今回は大成タオル、オリム、村上パイル、渡辺パイルの4社により、4種のタオルを作った。各社パイルの長さや織り方、糸が違い、大成タオルは薄めでマッサージ向き、オリムはなめらかさにこだわるなどメーカーの個性が立っている。

 メイクアップ業界で活躍する中野ヘアメイクアップアーティストは“タオル好き”としても有名で、今回の開発にもこだわりを見せ「私のせいで発売が遅れてしまった」ほどだと話す。「私の現場はタオルを使うことが多い。現場にいらっしゃる女優さんは泣き演技で目が腫れたり、夜遅くなり顔がむくんでいたりということがある。それを解消するのがタオルとマッサージなんです。なんでも要望を出していいということだったので『吸水性がよく、羽根のように軽くて赤ちゃんでも大丈夫な肌触り。肌にも髪にもとことん優しいタオルがいい』と話した」と説明した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら